名言美人:人間にとって最も悲しむべきことは…

6231

 

人間にとって最も悲しむべきことは、病気でも貧乏でもなく、自分はこの世に不要な人間だと思い込むことである。そして、この世の最大の悪は、そのような人々への愛が足りないことである。 

マザー・テレサ


引用先や背景について:

マザー・テレサ あふれる愛 (講談社文庫)
からの引用です。

多くの貧しい人や、病気の人のために無償の愛を捧げ続けた、マザー・テレサの生き方から、慈悲の精神や思いやりの心の勉強することができる本です。

ノーベル賞授賞前からルポし続けたジャーナリストの手記で、著者との会話のやり取りにマザー・テレサの人となりを見る事ができます。

写真も良く、素敵な話で、心がキレイになるような本です。

マザー・テレサ氏について(wikipedia等から抜粋)

(1910年8月26日 -1997年9月5日)カトリック教会の修道女にして修道会「神の愛の宣教者会」の創立者。

「マザー」は指導的な修道女への敬称であり、「テレサ」は修道名である。カトリック教会の福者。

コルカタ(カルカッタ)で始まったテレサの貧しい人々のための活動は、後進の修道女たちによって全世界に広められている。

生前からその活動は高く評価され、1973年のテンプルトン賞、1979年のノーベル平和賞、1980年のバーラ・ラトナ賞(インドで国民に与えられる最高の賞)、1983年にエリザベス2世から優秀修道会賞など多くの賞を受けた。

1996年にはアメリカ名誉市民に選ばれている(アメリカ名誉市民はわずか7人しかいない)。

2003年10月19日、当時の教皇ヨハネ・パウロ2世によって列福された。

関連記事

タグ: , ,
カテゴリー: 名言美人
スポンサー様
緑内障サプリメント

広告
Facebookページ
最近のつぶやき