名言美人:成功に秘訣というものがあれば…

671

 

成功に秘訣というものがあれば、それは他人の立場を理解し、自分の立場からも物事を見られる能力である。 

ヘンリー・フォード

ヘンリー・フォードについて(wikipedia等から抜粋):
(1863年7月30日 – 1947年4月7日)。アメリカ合衆国出身の企業家、自動車会社フォード・モーターの創設者であり、工業製品の製造におけるライン生産方式による大量生産技術開発の後援者である。
フォードは自動車を発明したわけではないが、アメリカの多くの中流の人々が購入できる初の自動車を開発・生産した。カール・ベンツが自動車の産みの親であるなら、自動車の育ての親はヘンリー・フォードとなる。
T型フォードは、世界で累計1,500万台以上も生産され、産業と交通に革命をもたらした。フォード・モーターの社主として、世界有数の富豪となり、有名人となった。安価な製品を大量生産しつつ労働者の高賃金を維持する「フォーディズム」の創造者である。
フォードはまた、消費者優先主義が平和の鍵だというグローバルなビジョンを持っていた。体系的なコスト削減を強力に推進し、多くの技術革新やビジネス上の革新をもたらした。例えば、北米全土および世界の主要都市にフランチャイズシステムによる販売店網を確立した。
遺産のほとんどをフォード財団(英語版)に遺したが、遺族がその組織を恒久的に運営できるよう手配した。

関連記事

タグ: , ,
カテゴリー: 名言美人
スポンサー様
緑内障サプリメント

広告
Facebookページ
最近のつぶやき